本文へスキップ

調理師になりたい、調理師を目指す方たちに贈るサイト

調理師 資格取得

調理師学校カリキュラム/調理師 資格取得

調理師学校カリキュラム

■1年制(専修学校専門課程・専修学校高等課程)
修業年限が1年未満では、プロの調理師として必要な知識及び技能を修得することは不適であるという観点から、調理師学校の修業年限は1年以上となっています。

夜間部については、授業時間の関係上、1年6ヶ月以上となっています。
 
教科科目(カリキュラム)と授業時間数は、最低の基準として、8必修科目870時間(29単位)以上、選択必修科目90時間(3単位)以上と定められており、その内容は次のとおりです。

教科科目 授業時間数
食文化概論 30時間(1単位)以上
衛生法規 30時間(1単位)以上
公衆衛生学 90時間(3単位)以上
栄養学 90時間(3単位)以上
食品学 60時間(2単位)以上
食品衛生学 120時間(4単位)以上
調理理論 150時間(5単位)以上
調理実習 300時間(10単位)以上
選択必修科目 90時間(3単位)以上
960時間(32単位)以上


■2年制(専修学校専門課程)
高度な調理技術及び複雑多様化した調理業務に応える優秀なスペシャリストを養成する専修学校専門課程2年制にあっては、1年制の教科科目に加え、外国語、心理学、経済学、経営学、経営管理学、サービス論、マーケティング論、商業簿記、調理実習、調理学実験、食生活論、体育などから4教科科目を選択し、2年間で1,800時間程度の授業時間となっています。


■3年制(高等学校・専修学校高等課程)
調理師学校(養成施設)が高等学校または専修学校高等課程3年制の場合、修業年限3年の間に次の31単位が必要となります。

教科科目 単位数 備考
食文化概論 1 ――
衛生法規 1 公衆衛生学に含めることができる
公衆衛生学 3 ――
栄養学 3 ――
食品学 2 ――
食品衛生学 4 4分の1は実習にあてるものとする
調理(理論及び実習) 14 理論は5単位以上、実習は9単位以上とする。
実習には集団調理を含み、校外実習は2単位以内とする。
選択必修科目 3 ※選択必修科目として望ましい教科科目参照。
31  




調理師通信講座

 調理師講座  生涯学習のユーキャン

1日1時間程度でOK! 仕事や家事で忙しい方にもムリがない!

「出やすい問題」で学ぶから、効率が良い! 薄くてコンパクトなテキスト!

 
 


店舗イメージ